赤羽は北区の繁華街。多くのキャバクラやガールズバーがあり、ナイトワークをしている女性が多数います。
そんな赤羽のキャバクラ、特に熟キャバで働く女の子には一体どんな特徴があるのでしょうか?

キャバ嬢の年齢層や働いている女の子の事情、未経験でも働けるかどうかなどをまとめています。

熟女キャバクラで働く女の子の特徴


赤羽のキャバクラ求人をチェックすると、全体的に熟女キャバクラの募集情報が多い傾向にあります。
熟キャバで働く女の子の特徴は、まずは年齢層
熟女と呼ばれる年代の女性は40~50代が中心になりますが、熟キャバでは約30~40代の女性が中心となっています。

もちろん中には50代の女性もいますが、見た目は40代くらいにしか見えない事も。
ただ、30~50代となれば、いわゆる中高年。
肌も衰えますし中年太りになってしまう年代です。
暴飲暴食で体がブヨブヨになってしまったり、お肌の手入れすらせずにだらしない生活を送っているような女性では、キャバ嬢は務まりません

そして、お店側もキャバ嬢の体形やお肌の状態をしっかり確認しています。
そのため熟キャバで働いている女の子は30~40代がメインになり、女性としてある程度の身だしなみや体形の維持に気を遣える方が採用されます
働きたいと考えている場合は、この条件をクリア出来る事が重要でしょう。

熟キャバは未経験でも働ける?


熟キャバだけではないのですが、キャバクラは基本的に未経験者でも働けます。
経験者だけに限定してしまうと働ける女性が限られてしまうので、広く門戸を開いているのです。

未経験者の場合、最初はお店の責任者や先輩キャバ嬢が、お酒の作り方など接客方法の基本を教えてくれます。

未経験と言う事で最初は慣れずに失敗をしてしまうケースもありますが、初心者を初々しいと歓迎してくれる顧客も必ずいますので、ちょっとした失敗に落ち込まず、ゆっくり仕事に慣れるように前向きに考えていけば大丈夫です
一生懸命頑張るキャバ嬢の事は、スタッフもきちんと注目しています。

熟キャバで働く理由


30~40代の女性がメインで働く熟キャバですが、やはり働く理由は「お金」が大きいですね。
お子さんもまだ小さく、将来学費や養育費がどんどんかかっていく年代ですし、住宅ローンを支払っている方もいます。

旦那さんだけの収入で楽々生活出来れば良いのですが、そうではない家庭もたくさんあります。
そこで家計を支えるため、短時間に効率よくお金が稼げるナイトワークを選ぶ女性が多いのです