「一体どんなお客様が来るの?」
「乱暴な人や酒癖の悪い人がいるんじゃないの?」

キャバクラで働いた事のない初心者の方が心配するのが、お店の客層です。

このページでは熟女キャバクラの客層の特徴についてまとめています。

キャバクラにやってくる方はこんな人


キャバクラと言っても高級店から庶民派キャバクラまで幅広く存在します。

高級店にやって来るのは有名企業の重役や芸能人、スポーツ関係者など有名人、政財界の方々、文化人、実業家、弁護士や医師など
知名度もあり経済的にゆとりのある方々ですね。
よく雑誌やテレビなどで特集される、月収100万以上稼ぐキャバ嬢が在籍しているのも、こういった高級店の話になります。

一方で、庶民派キャバクラにやって来る顧客は会社員、自営業者が多い傾向にあります

主張先のキャバクラに遊びに行くのが大好きと言う会社員や、地元の方が多い印象です。
経済的にゆとりのある旅行者や会社役員は高級キャバクラ店に流れる事が多いので、お金持ち層が来店する事は珍しいでしょう。

そして庶民派のキャバクラは安くお酒が飲めるので、年金暮らしの高齢者にも大人気
庶民派キャバ店にやって来る顧客は、そんなどこにでもいる至って普通の方々ばかりです。

客層が良いってどんな意味?


お店で酔って騒いだり女の子に一気飲みを強要したり、他の顧客と喧嘩をするようなお騒がせなお客様は正直困ります。
お店の迷惑になるような行為をする顧客に対しては、キャバ嬢もまともに接客や営業が出来ませんよね。
また料金精算時に「お金がないからツケにしてくれ」「キャバ嬢が払えばいいだろう。後で金は返す」と揉める顧客も困りものです。

このようにトラブルを起こす顧客が多ければ多いほど「客層が悪い」と言われます
逆に、料金の支払い時に何も言わずスムーズにお金を払い、酔って他の顧客に喧嘩を吹っかけたりキャバ嬢の胸や脚に触るなどのセクハラをしない、いわゆる「紳士」な顧客が多ければ多いほど「客層が良い」となります。

キャバクラ求人をチェックしただけでは、お店にやって来る顧客の特徴は分かりませんよね。

一般的には高級店ほど客層が良いため、庶民派キャバクラに勤務する場合はどんな顧客が多いのか、立地やお店の雰囲気・グレードなどを事前にチェックしておくと良いでしょう

スタッフの態度もチェック


良い顧客は育てるものです。
もしお酒を飲んで騒いでも、キャバ嬢の体にベタベタ触っても、店舗スタッフが見て見ぬふりをするようでは客層の悪い顧客ばかりになってしまいますよね。

酔って騒ぐ顧客がいれば注意する、注意を聞いてもらえないならお店から出て行ってもらう、問題のある客は出入り禁止にするなどの措置をとらないお店は問題があると思って良いでしょう
お店の接客方針がしっかりしていたり、毅然とした態度のスタッフがいるお店を選ぶことが、働きやすさのポイントですよ。