キャバクラで働いた事のない方にとって、勤務中の服装も気になりますよね。
キャバクラの多くはドレスやスーツで接客していますが、少数ながら私服やコスプレのお店もあります。

赤羽の熟女キャバクラではドレスでの接客が主流ですが、アラサーやアラフォー女性にとってスカート丈の極端に短い服や背中が大きく開いた服装、二の腕をガッツリ見せるノースリーブは抵抗があって当然ですよね。

でも大丈夫。
熟キャバ用の衣装に関しては露出は少なめでもOKなんです

このページでは熟キャバで働く時の衣装についてまとめています。

体形が気になるのは皆一緒


30代、40代になり基礎代謝が下がってくると、下腹がポッコリ目立つようになったり二の腕がプルプル震えるようになったりと体形がとても気になります。
そんな年齢の女性が露出の多いドレスを着るのはかなり抵抗がありますよね。

「働くときの服装はミニスカートじゃないとダメなの?」
「ノースリーブは二の腕が見えるからちょっと…」

そんな不安をお持ちの方、大丈夫です。
熟女キャバクラでは、10代や20代の若い女の子が着るようなミニスカートやノースリーブ、背中が大きく開いた衣装を着るように強要される事はありません

そもそも熟女に10代・20代のような衣装を着る事は求められていません。
癒しや優しさ、話題やノリが合う、気軽に来店しやすいなどの理由でやって来る顧客も多いため、これ見よがしにセクシーさを強調する必要はないのです。
もちろん自分の体形に自信があり、背中や二の腕を見せても構わないと言うキャバ嬢はこの限りではありません

衣装は熟キャバでもレンタルOK


「キャバクラ店勤務と言っても、衣装を持ってない」と不安に感じていらっしゃる方も多いと思います。

でもご安心ください。
ほとんどの場合、キャバクラ用のドレスを自前で用意する事はありません。

衣装はお店側がレンタルで貸し出ししてくれますし、ヘアメイクも店舗専属の美容師がセットしてくれるお店もあります
衣装に関しては様々なサイズのドレスやスーツなどが用意されており、コスプレなどお店が指定する衣装がある場合は完全にレンタルになります。

赤羽のキャバクラ求人をチェックすると、専用の衣装をレンタルで用意してくれるお店が多くなっています。
衣装貸し出しは余計な荷物を持たずに出勤出来るので便利な反面、レンタル料を差し引かれる事もあります
料金については各店舗によって設定料金が違うため、入店時にレンタル代金やヘアメイクの費用を聞いておくと良いですよ。

小物や靴も必要


店内では専用の衣装を身に付けて接客しますが、ドレスやスーツだけではなく、

  • 靴やクラッチバッグ
  • ネックレス
  • イヤリング

などの小物も必要です。
また体験入店時に忘れがちなものにストッキングがありますが、これはお店で貸してくれないので必ず自分で用意しましょう

靴やクラッチバッグなどを貸してくれるお店もありますが、もしキャバ嬢として長く働きたいと思うのであれば、ある程度衣装や靴、バッグなどを揃えていく方が良いかもしれません。