30~40代の女性が働く熟女キャバクラ。
この年代の女性は子育てや家事に忙しい時期でもあります。
小さなお子さんを連れて仕事をする事は出来ませんので、託児所がないとキャバクラで働けないのが悩みですよね。

でも赤羽の熟女キャバクラには託児所のあるお店があるんです
育児との両立を考えている女性には本当に有難いですよね。
このページではキャバ嬢と家庭、育児との両立についてまとめています。

お子さんがいて仕事に行けない方に朗報です!


赤羽のキャバクラ求人をチェックしていると、託児所完備の熟キャバがある事に気が付きます。
熟キャバで働く女性は30~40代がメインですが、この年代はお子さんがまだ小さくて仕事に行きたくても行けないケースも多いですよね。

店舗側もその辺りの事情を理解していて、ママさんには嬉しい託児所があるお店もあります
託児所があるとお子さん連れでも仕事に行けるのでとっても便利。
なかには夕方4時頃から早めに開店したり、終電に間に合うように帰宅させてくれるなど、働く女性に配慮してくれるお店も。

このように、無理なく長く勤務して欲しいという気持ちから、様々なサポートでキャバ嬢を支えてくれる店舗も少なくありません
「キャバクラで働くのは怖いし、不安」と思う方は面接で疑問点や不安な点を確認してみると良いでしょう。
親身になって相談にのってくれるお店であれば、安心して働けるはずです。

熟キャバの出勤シフトは基本的に自由


熟女キャバクラは家庭と仕事を両立させなければならない女性が多い職場ですので、お店が出勤を強要させたり勤務シフトを勝手に作成して押し付ける事は出来ません。
基本的にキャバ嬢が働ける日だけ仕事をしてもらうシステムです

「週末しか働けない」「平日早い時間帯だけならOK」とキャバ嬢の希望が通るので、家庭を顧みずに仕事に打ち込みすぎて離婚…なんてトラブルに発展しにくいでしょう。
一般職と比べても、無理なく自分のペースで働けるのがナイトワークの魅力ですね。

朝キャバ・昼キャバなら昼職みたいに働ける


一般的なキャバクラは夕方や夜にかけて開店する店舗が多いと思いがちですが、実は早朝から開店し昼間もずっと営業しているキャバクラもあるのです。
それらの店舗を、「朝キャバ」「昼キャバ」と呼びます。

早朝からキャバクラで働くのは何となく不思議ですが、朝8時頃からの勤務であれば普通の会社員と出勤時間は同じ
早朝から仕事に行くのであればご近所の方からも「あら?今からご出勤ですか?ご苦労様です」と声掛けしてもらえますよね。

出勤時は私服でOKなので会社に行くような雰囲気で自宅を出れば、勤務先はキャバクラでも不審感を持たれません
もし昼職の感覚で働きたいなら、赤羽の朝キャバや昼キャバを探してみてくださいね。